ジャズサックスコース

講師:井出崎優先生

1993年生まれ。山口県山口市出身。上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コース、サクソフォン専門を卒業。大学卒業演奏会、第86回読売新人演奏会、第13回サクソフォーン協会新人演奏会など、在学中より数多くのコンサートに出演。第20回浜松国際管楽器アカデミーにおいてオーティスマーフィークラスを受講、講師推薦プレミアムコンサートに出演。第28回中国ユース音楽コンクール、第1回Kサクソフォーンコンクール、第17回さくらぴあ新人コンクール、第6回秋吉台音楽コンクールなど、多数入賞。第19回万里の長城杯国際音楽コンクール、一般の部第1位(特別賞として中国駐大阪総領事賞を受賞。)NPO法人芸術・文化若い芽を育てる会第5回牛尾シズエ特別賞を受賞。東京都杉並区部活外部指導員。これまでに工藤三千代、福光恒星、甲斐尚美、彦坂眞一郎、松原孝政、長澤範和の各氏に師事。現在、レッスンの他にもソロやサックス四重奏、吹奏楽に至るまで様々なシーンで演奏活動を展開している。

講師からのご挨拶はこちら

生徒の皆様へ一言

音楽はもちろん、楽しむためにあります。楽器ができたらカッコいいだろうな、大好きなあの曲が演奏できるようになれたらいいな…!そんな憧れを、サックスを通して一緒に実現することができれば、私もとても嬉しいです。

ジャズピアノコース

講師:山崎陽子先生

幼少よりピアノを始め、昭和音楽大学短期大学部にて、主科でピアノ、副科で声楽とバイオリンを専攻。
卒業後、Jazz系専門学校でブラジル音楽、Jazz、Pops等 様々な音楽を学ぶ。
現在、ブラジリアンクロスオーバーを奏でるソロプロジェクト”Laranja”を主軸にし、MPB、Soul、Popsまで様々なタイプのアーティストのLive、レコーディングサポート等で活動中。(これまでに Namy、流線形と比屋定篤子『ナチュラルウーマン』、 Kenichiro Nishihara 等)。  また、自らの作曲した楽曲は国内外のラジオ、TV等でも使用されている。
afrontierに出演、モーションブルーヨコハマでのLaranjaワンマン Live、2017年にはブラジル、サンパウロにて3日間で18万人を動員する世界最大規模の日本祭「Festival do Japao」に出演。
2018年にはFontana Folleサポートで、モーションブルージャカルタへ出演。
ピアノの指導歴は長きに渡り、3歳~80代まで、幅広い年齢層のレッスンに力を注いでいる。
基礎を大切にしながら個性を最大限に生かし、のびやかに自己表現をする喜びを伝え、音楽的、人間的にコミュニケーションを取ることを大切にしている。 レッスン生 とは長い付き合いになることが多い。
現在、Praca do sol 、よみうりカルチャー、JEUGIAカルチャー講師
カワイ音楽研究会所属、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会PTNA 指導会員

講師からのご挨拶はこちら

ジャズトロンボーンコース

講師:早坂勇真先生

1988年生まれ。 山形県鶴岡市出身 神奈川県平塚市在住 中学校2年生から吹奏楽部でトロンボーンをはじめると同時に、社会人ビックバンドで ジャズを学ぶ。本格的にジャズを学ぶため、洗足学園音楽大学ジャズ科に入学。 卒業後、作曲家やプロデューサー、イベントオーガナイザーとしても活動をはじめる。 自己のバンドをはじめ、ペギー葉山、横山剣(CKB)、平山みき、渡辺真知子、雪村いづみ、金子晴美、小林香織、浜野謙太、なかの綾、高橋達也などの大物アーティストとの共演の他、CMやスタジオワークなど様々な活動を行っている。 自身の作品『Ripple』が全国リリース。 『alcedo 〜Song of the Forest〜』、『Deep Blue』がiTunes ジャズチャート1位を獲得。

ジャズコントラバスコース

講師:カイドーユタカ先生

1970年東京都生まれ
大学在学中から数多くのJAZZのセッション、ライブに参加。
故松野茂氏(国立音楽大学名誉教授)に師事しコントラバスのクラシック奏法を学ぶ。
ロサンゼルス、インドネシア、ドイツ、スペインなどでレコーディングとライブを経験する。
特にドイツでは1〜2ヶ月の滞在をしてドイツのミュージシャンと親交を深める。
オーソドックスなJAZZと、前衛的なフリーインプロヴィゼーションの両方を得意とする数少ないベーシストである。
立花秀輝AAS、TRIPLET’S、早川由紀子quintet、工藤雄一trio、samA & EAU DE MOND、広瀬倫子& RINCOSTA、大橋祐子trio、楠直孝NK3、Darren Moore quintetなどに参加している。

レッスン料金・日程

各コースのレッスン料金・日程はこちらのページをご覧ください。