• ジャムセッションに行っていろんな曲を演奏できるようになりたい
  • なんちゃってアドリブから卒業してしっかり演奏したい
  • コードネームを見てアドリブを自在に演奏できるようになりたい
  • プロとして活動しているが活動の幅を広げて行きたい

どのようなレッスンか

セプテンバーミュージックスクール(池袋)のジャズアドリブマスターコースでは、マイナスワンと呼ばれる、ジャズのカラオケを使用して先生と生徒様とが交互にアドリブを演奏して行きます。
ワイナスワンCDと楽譜 ( Jamey Aebersold )についてはこちら

セプテンバーミュージックスクール(池袋)ではここに収録された300曲以上を保有
その中かから生徒様の学習ステップに合わせた楽曲を選んでレッスンで使用しています。
極めて実践に近い本格的なレッスンです

ワンコーラスずつ交代で演奏することは、自身の演奏と先生の演奏と客観的に聞き比べ、自身に足りないものは何かを直感的に理解することができます。
なにが良かったか、なにが足りなかったか、先生はその場で適切なアドバイスを行っています。

先ず耳からフレーズを覚える

ジャズアドリブを演奏する上でとても重要なことは「聴く力」です。
知識だけでは実践的なアドリブとは程遠いものになってしまいます。
まず、聴く力を養う事を中心にしたレッスンとなっていますので、最初から思いきりアドリブに挑戦してみましょう。

最初の目標は?

セプテンバーミュージックスクール(池袋)ではレッスンの頻度にもよりますが、概ねレッスンを開始してから5か月から半年以内にコードネームを読みながらアドリブソロが吹けるようになることを最初の目標としています。

コードネームも同時講習

このコースではコードネームも同時講習で学べる機会があります
コードネームの基本からジャズアドリブを演奏する時に最低限必要な4声のヴォイシングまでを学びます。コードネームの基礎を習得後に、希望する生徒様にはジャズ理論を引き続き同時講習する事も可能です

実際に受講した生徒様の声

多くの生徒様から寄せられている声として

「先生の演奏を目の前で何度も聞くことで、とても理解しやすい」

「 コードネームの解説も大変わかりやすく、モヤモヤ自己流で演奏していたことが、レッスンを受講してからすっきりと演奏することができるようになった」

と仰っておられます。

生徒様の声はこちら

アドリブソロとは奥が深いものです。
最初の半年で聴く力とコードネームを理解したらここからが大切です。
人々を納得させられるアドリブソロが吹けるようになるには、さらに努力を積み上げていくことが大切です。
何よりもご自身が納得できる演奏が出来ることが一番大切なのですから、地道な努力が必要なことは言うまでもありません。あなた自身の努力が重要なのです。

プロとアマチュアの一番の違いは「効果的な練習の方法」を知っているかどうかです。
セプテンバーミュージックスクール(池袋)ではあなたの努力の方向が積み重なる練習になるよう練習の方法についても随時アドバイスをしています。

クラシック音大卒の演奏家、先生へ

守るべきプライドと、捨てるべきプライドがあることを自覚していただきたい。

音大を卒業してからプロの演奏家として活動している方なら、 音楽業界の現実の厳しさも実感としてお分かりのことでしょう。

音楽業界で現場を取り仕切る作曲家や、ディレクターの立場からすれば、譜面を読んで上手に 演奏できる人というだけで、そのプレイヤーをブッキングをすることはまずありません。
現代の日本の音楽業界の現場ではアーティキュレーションなどはほぼ、ジャズが基本です。

もしあなたがレコーディング現場でスタジオミュージシャンとしての仕事など、演奏家としての活動の幅を広げ、経済的な成功をしたいと考えているなら、ジャズのスキルは大切なのです

私自身が音楽業界に30年、演奏家として、作編曲家として、トラックメーカーとして、 レコーディングディレクターとして携わり、見てきたからこそ伝えられる現実です。
クライアント様の要求している音楽は、クラシックを上手に演奏することだけではありません。

自分の今の現状を変えたいけれども何から始めたら良いかわからない。
と悩んでいる音大卒業生も多いことでしょう。
まずは相談だけでも結構です。
あなたが将来なりたい自分のお話を聞かせてください。
そこから次のステップを具体的に組み立ててゆきましょう。

プロ演奏家にとってジャズは、得意ジャンルや趣味性のものではありません。
演奏家としての必須のスキルだということを自覚していただきたいのです。

コードネームを読んで自由に演奏することはできますか?

譜面がなくても演奏で自分を即興で表現することはできますか?

現場で求められればアドリブソロができますか?

もし一つでも足りないと感じたならば、 セプテンバーミュージックスクール(池袋)のジャズアドリブマスターコースに相談しましょう。
セプテンバーミュージックスクール(池袋)のジャズアドリブマスターコースは、ただジャズや音楽の知識や技術を授ける場所ではありません。

あなたがプロとして音楽業界でさらに活動の場を広げ、経済的に成功する音楽家を育てることを全力で応援し、そのために必要なレッスンプログラムを提供しているのです。

レッスン概要

レッスン料

1回50分:¥12,000(税、施設費込)
※月2回推奨。月内3回目以降の受講を希望の方は、一回あたり受講料が¥6,000(税、施設費込)となります。月内何回でも受講できます。

入会金

¥12,000(税込)

レッスン日程

レッスン日程は、毎回先生と話し合って決めていただいております。
お仕事等のご都合に合わせて柔軟に予定を組むことができます。

講師

細川玄(ほそかわげん)
ジャズトランペット奏者三宅純の元で修行後、プロのトランペット奏者となる。
30タイトル以上のCD作品に演奏を提供し、ブルーノート系列のジャズクラブ、モーションブルーヨコハマには15年以上継続出演中。同時に、商業音楽では7万曲以上の楽曲を制作する。

ミューズ音楽院で講師としてジャズ理論などを2,700時間以上教えて人気を得た後、2001年からは独自に個別指導を開始。宣伝なしにも関わらず、弟子入りを希望する受講生が殺到する。その実績から、2015年から荒川区のジャズビックバンドの指導者に推され、コンダクターも務める。
現在ではジャズアドリブやアンサンブルを教える音楽教室「セプテンバーミュージックスクール」を主宰し、トランペット以外の楽器を含め、プロ音楽活動レベルの技術を教えている。

代表ご挨拶はこちら

まずは無料体験レッスンをお試しください!

 

無料体験レッスン
お申込みはこちら!