皆さんこんにちは。
セプテンバーミュージックスクール(池袋)、代表の細川玄です。

トランペットを吹いていて

  • 音が鳴らしにくい
  • 高い音域と低い音息を吹くのに唇の形を変えなければ音が出せない
  • 唇にマウスピースを当てた感触がしっくりとこない
  • ミスが多くて泣きたくなる
  • 綺麗な音が出せない

など、お悩みをお持ちではありませんか?
金管楽器って大変ですよね。
世界にあまたある楽器の中で、楽器本体に振動源を持っていないのは金管楽器だけです。

ということは歌を歌うことと同じですね。
唇という振動源を楽器として使用しているわけです。

アンブシュアで本当に悩み、困っているあなたへ

セプテンバーミュージックスクール(池袋)で行っている「トランペットアンブシュア矯正コース」のレッスンは、音を鳴らすことができなくなって、本当に困っている方に特化したレッスンになっています。

長年練習を積み重ねても思うように高い音が出せない方、日々練習を重ねても不安定なコンディションの毎日にとても悩み、解決の糸口を見いだすことができず苦しんでいる方を対象にしています。

一般的なトランペットの音域として、下のEからハイB♭(実音表記)は誰でも出すことが可能です。
また多くの楽譜はこれをもとにトランペットの音域を定めアレンジされています。

逆に言うとこの音域が気持ちよく演奏できないということは、トランペット奏者として活躍の場を狭めてしまうことになります。
これはトランペットを演奏するものとして、とてもつらいことです。

私も長年この辛さを経験し、苦しい日々を送りました。

先生に習っても改善しなかった経験はないですか?

ピアノでしたらバイエルとかハノンとか、ほぼほぼ、どの先生や教室で習ってもある程度弾けるようになるものです。
ところがトランペットはどうでしょうか?

一流とされている先生のもとでレッスンを積んだ経験がある方、先生のように吹けるようになりましたでしょうか?

私は長年、このことは疑問であり、 教える立場であるものとして改善しなければならない重大な問題だと考えてきました。

「トランペットは難しい楽器だから」という理由で、先生に教えて頂いてるにも関わらず、何ら成長が実感できないとあれば、それは先生にとってはベストだが、生徒に教えることはできていない、ということになるのではないでしょうか?

私はどのような状態の方が来ても、先ほど書いた一般的なトランペットの音域、下のEからハイB♭(実音表記)は出せるようになる指導を行っています。

アンブシュア矯正の肝は「舌」と「息」のコントロール

歯並びや体型は、人によってまちまちですよね。

でもこれはトランペットを吹くという視点から俯瞰してみると、同じ人間なのですから実は大した差ではないのです。
後々に修正すべき点であり、最初からこの小さい問題に多くの方は目を奪われがちで、やがて迷宮に入って行くように感じています。

私の「トランペットアンブシュア矯正コース」では、「舌」と「息」のコントロールを主軸に置き、最初にここから説明を始めるようにしています。
一番重要な部分でありますが、無料体験レッスンでもまずここからお話をしています。

本レッスンでは受講生一人一人の課題を早期に見つけ、その人に合ったアプローチ、すなわち練習方法を授けて行きます。

アンブシュアで悩んでいても、全員が違う課題を抱え悩み苦しんでいます。
一人一人課題が違うのですから、当然レッスン内容もひとりひとり違うものになります。
しかし先ほども述べたように「舌」と「息」のコントロールという大前提があり、そこから個別のカスタマイズされたレッスンがスタートします。

努力すれば、アンブシュアの悩みは克服できます

正直申し上げましょう。
私もアンブシュア改善に取り組んでから、体が理解しトランペット演奏に反映できるまでは7年かかりました。
しかしそれは、私は優秀ではない生徒だったからだと思います。

希望を持てる話をいたしましょう。
トランペット演奏に奏法を反映できるまでは確かに7年かかりましたが、アンブシュア改造に取り組み2年後にはソロアルバムをレコーディングし、全国発売に至りました。

ベストを追い求めれば、上に上あり。
トランペットは奥が深いものです。

しかしながらトランペットを演奏する活動に復帰する、もしくは楽しみながら吹けるようになるまでには、私の場合、だましだましではありましたが2年後には結果を出すことができました。

※詳しくは次の記事をご覧ください。

努力した人は、 一般的なトランペットの音域は吹けるようになります。
また音色も綺麗な音色に改善することでしょう。

これは別々のことではないのです。
一つが整えばいくつもの課題が改善の方向へ向かうのです。

人生の時間には限りがあります。
なるべく早く受講されることをお勧めします。

自己流でこれから何年も改善が見込まれない時間を過ごすよりも、 当教室で徹底したレッスンを受けることで同じ数年間を過ごせば、トランペット人生は劇的に楽しいものになるでしょう。
これは私自身が経験したからこそ、一番あなたに伝えたいことなのです。

トランペットが大好きな方。
勇気を出して当教室の門をたたいてください。
私と一緒にがんばっていきましょう。

セプテンバーミュージックスクール 代表 細川玄

アンブシュア矯正コース責任専門講師

細川玄(ほそかわげん)

トランペットを竹浦泰次郎、ジャズトランペットと作編曲を三宅純に師事。
プロトランペット奏者、作編曲家となる。
1997年より、プロ演奏家活動を一旦停止しアンブシュア改良に本気で取り組む。
その後30タイトル以上のCD作品に演奏を提供し、ブルーノート系列のジャズクラブ、モーションブルーヨコハマには「細川玄ジャズクインテット」で15年以上継続出演中。
同時に、商業音楽では7万曲以上の楽曲を制作する。

ミューズ音楽院で講師としてジャズ理論などを2,700時間以上教えて人気を得た後、2001年からは独自にジャズトランペットとアンブシュア矯正の個別指導を開始。
宣伝なしにも関わらず、弟子入りを希望する受講生が殺到する。
現在は音楽教室「セプテンバーミュージックスクール」を主宰し、アンブシュア矯正コースにて、奏法に悩む金管奏者の指導、心のケアに当たっている。
生徒様の復帰事例多数の本格的なトランペットコースとなっている。
ジャズアドリブマスターコースでは、トランペット以外の楽器のプロ奏者も通い、それぞれの音楽活動の目標に到達できるレベルの技術を教えている。

その実績から、2015年から荒川区のジャズビックバンドの指導者に推され、バンド演奏指導、コンダクターを現在も務めている。

代表ご挨拶はこちら

レッスン料金・日程

こちらのページをご覧ください。

まずは無料体験レッスンをお試しください!

 

無料体験レッスン
お申込みはこちら!

 

「トランペットアンブシュア矯正コース」生徒様の声

滝下真さん

トランペットアンブシュア矯正コース
会社員49歳 男性 都内在住

中高時代からアンブシュアに悩み、27年のブランクへ

小学校はトランペット、中・高・大とトロンボーンをやっていました。
中高は正しい吹き方を誰にも習っておらず、中学校の時は高音は出るが低音が出ないアンブシュアであり、高校の時は低音が出るが高音が出ないアンブシュアに自己流で変更。

大学でオーケストラに入り、初めてプロ(東京芸大トロンボーン科卒でした)のレッスンを受けてアンブシュアの再変更に取り組みました。
しかしそのプロの人も、自分がアンブシュアで恐らく悩んだことがなく、指導も中途半端。
結局、高音は出るが低音は出ないアンブシュアから脱出することができず、広い音域を思うように吹けるようにならないことがあまりに辛く、とうとう楽器をやめてしまいました。

以後、まったく楽器を吹くことなく、また、吹奏楽を聴くこともなく、25年もの長いブランクに至りました。

その後YouTubeでたまたま、全日本吹奏楽コンクール金賞常連高校の演奏や、ドキュメンタリーを見たことをきっかけに、楽器は吹かないがまず曲を聴くように。

さらにその2年後にその高校の演奏を生で聴いたこと、また、音楽活動をやっている中学校の同級生の演奏を生で聴いたことが第二のきっかけとなって、聴くより自分でまた楽器をやりたい、いや絶対に再開すると決めました。

しかし過去の経験で、自己流は絶対に失敗するという強い確信があったため、再度プロの個人指導を受けるべく、セプテンバーミュージックスクールさんにお世話になることになりました。

どんなレッスンを受け、アンブシュアが改善する道筋がどのようについてきたか

27年ぶりに吹いてみると、昔の悪いアンブシュアは残酷なまでに見事に、今もまったくのそのままでした。

最初に舌の位置に重要性を教えていただきましたが、舌の位置を強く意識しすぎてしまい、逆に音が出にくくなる状況になってしまいました。
そこでいったん舌の位置をあまり気にしないことにし、まず上半身を構え過ぎず自然体でリラックスすることに。

下唇の下にマウスピースを当てること、楽器のポジションをあれこれ調整して決めるのではなく、普通に構えてパッと吹くようにすることを大事にするように、アドバイスいただきました。

最も音を出しやすかった中音のFを出発点として、上記のことを守りながら、まず下の音域を広げるトレーニングを繰り返すのが最初の1か月でした。

音が出ると言っても、鼻にかかったような音であることが自分でも気になっていました。
しかし今はまだ音色よりも、楽器の持ち方やアンブシュアを、ああしようこうしようと作ろうとしないこと、力み過ぎないことが重要とアドバイスいただき、上のB♭から下のB♭までの音階練習を繰り返しました。

また、最重要なのは息の圧力・スピードのコントロールであり、適切なアンブシュアは後からついてくると思った方が良い、ともアドバイスいただき、少し気が楽になりました。

こうして音域を上のB♭から下のEまで1オクターブ半まで広がってきたところで、レッスン開始から3か月が経っていました。

さらに音域を上のB♭から半音ずつ上に広げる音階練習をしましたが、なかなか上の音が出ず、出たとしてもタンギングに助けられて出せているとの指摘を受けました。

レッスン4か月目以降は、最初タンギングありでいろいろな音階パターンを吹きました。
次に同じ音階パターンに対して段階的にスラーを取り入れるトレーニングを繰り返すことにより、力まず、アンブシュアを作りすぎないように、息のスピードのコントロールで少しずつ高い音が出るようになってきているところです。

正しい奏法の知識がないと、やたら音色を気にしたり、高い音や低い音を当てることを目指して音域によって、アンブシュアを変えてしまいそうになります。
そこをしっかりチェックいただき、そうなりそうなときはすぐに教えていただいたおかげで、少しずつですが正しい吹き方に近づいているように思います。

自分の吹き方を正していくことは、自己流では、自分が無意識に行っている動作に気づくことができないので、まず無理でしょう。
これが楽器をやる難しさでもあり、また、ここに個人指導を受ける大きな意義があります。

しかも、先生自身がかつてアンブシュア矯正にかなりの苦労をした経験の持ち主であることから、アンブシュアの直し方を、私がかつて大学時代にされたような感覚的な指導ではなく、言葉と、先生自身が吹いて見せることで具体的に説明をしていただけるため、頭で理解、納得しながら体で一歩ずつ覚えるステップを踏むことができます。

こうして気がつくとレッスン開始8か月で、下のEから上のFくらいまでの音を、同じアンブシュアで、音階パターンの中である程度安定して出せるようになっていました。
冷静に考えると、最初中音のFを出すのがやっとだった状態だったので、信じられないことです。
先生に、無理に背伸びをさせず、生徒の上達の度合いに合った指導をしていただいたおかげだと思っております。

まだアンブシュア矯正の道半ばですが、引き続き指導を受けながら一歩ずつ進んでいきたいと思います。