こんにちは

 

東京都豊島区池袋東口徒歩1分トランペットアンブシュア矯正&ジャズ専門音楽教室

セプテンバーミュージックスクール代表、トランペット奏者の細川玄です。

 

前回のブログはもうお読みいただけましたでしょうか?

「リップスラーが出来ない!原因は何?解決方法は?その1 トランペットアンブシュア」

 

今回は前回お話した「タングレベル」に続いてもう一つ

とても大切なお話を書きました。

 

この先にはあなたが抱えている「リップスラーを綺麗に吹きたい!」を

叶えてくれる大切な内容が書かれていますので

最後までじっくりとお読みください。

 

無料体験レッスンはこちらから

「トランペットアンブシュア矯正コース」はこちら

 

「舌」と「息」のバランスは最も重要な事

 

トランペットを吹くことにおいて、大切なポイントが2点あります。

それは「舌」と「息」のコントロールです。

 

あなたはトランペットを吹いているとき

口の中にある舌の先はどこにありますか?

 

タンギングをするときだけ歯や上あごに触れる。。

 

という方は多いのではないかと思います。

 

ということは演奏中舌の先は

口の中で宙に浮いているという事になりますよね。

 

もしあなたが

現在トランペットを吹いているとき

上記した状態ならば

おそらくリップスラーがあまりうまく吹けなくて

お悩みなのではないでしょうか。

 

「舌」にはちゃんとフォームがあるのです

 

これはとても皆さんが知りたいところでしょう。

 

「舌」と「息」について過去のブログもありますので

こちらも併せてお読みくださいね。

 

関連ブログ

トランペットアンブシュア「スランプ、バテる、高音が出ない」

音がかすれる、高音がでなくなった、細い音になる トランペット

 

 

トランペットアンブシュアで大切なことは2つ!

さて話をリップスラーに戻しましょう。

 

「舌」と「息」のコントロールにフォーカスして

練習をある程度出来たあなたがいるとしましょう。

 

人によって習得するスピードはまちまちですが

仮にレッスンを初めて半年経った頃

「舌」と「息」のコントロールが

意識的に出来るようになったとします。

 

この段階でリップスラーにはまだ

「思った通りに音程を上げられない。。」

などのお悩みを抱えている事と思います。

 

しかしここからがとても重要なお話になります。

 

それは。。

 

併せて読みたいブログ

スランプなのは「歯」が原因?① トランペットアンブシュア

スランプなのは「唇」が原因?② トランペットアンブシュア

スランプなのは「息」が原因?③ トランペットアンブシュア 

音が揺れてしまう どうしたらいい? トランペットアンブシュア顎

 

 

口腔容量を確保すると劇的に改善します

 

皆さんトランペットを吹くときに

口の中の開き具合とでも言いましょうか

私のレッスンの中では「口腔容量」と表現していますが

 

実は

 

演奏中、口の中にはある程度の「空間」が必要なのです。

 

おそらくあまり知られていない事ではないかと思います。

 

いったいどのくらいの空間なのでしょうか。。

 

私は「ピンポン玉」を口の中に入れたイメージをしてみましょう

と伝えています。

 

かく言う私も実際に

ピンポン玉を口に入れたことはありませんが(笑)

だいたいそういうイメージ作りが

とても役に立つのです。

 

このブログを読んでいるあなたも今、

口の中にピンポン玉を入れた感覚をイメージしてみてください。

 

ピンポン玉は舌の上に「コロっ」と収まり

 

その舌の形はやや「すべり台」のような形に感じませんか?

 

じつはこの「すべり台」のような舌の形と

その時の空間がとても大事なのです。

私のレッスンでは詳しくお伝えをしています。

 

これは科学や物理で習う

「パスカルの原理」で説明がつきます。

 

ある程度の圧力のある空気を

体から外に向かって出そうとすれば

狭い空間から吹き出すよりも

 

ある程度広い部屋に充満した

圧力のある空気を吹き出したほうが

力強く放出する事が理解出来るでしょう。

 

これこそがリップスラーに必要な

息の圧力を作り出す秘訣なのです。

 

この「口腔容量」は

リップスラーの時だけではありません。

 

常時この状態でトランペットを演奏することが

望ましいのです。

 

高い圧力のある息を

コントロールすることが

出来るようになるという事は

 

すなわち

 

高い音、ハイトーンも

同様の原理から作り出すことが

出来るようになるのです。

 

これが正しく高音を出すための

トレーニングにつながるのです。

 

こうして吹けば

口元は全く疲れることはありません。

 

人気ブログ

トランペットのアンブシュア崩壊した私 そして再起までの軌跡 その1

トランペットのアンブシュア崩壊した私 そして再起までの軌跡 その2

トランペットのアンブシュア崩壊した私 そして再起までの軌跡 その3

トランペットのアンブシュア崩壊した私 そして再起までの軌跡 最終回

関連ブログ

レッスン事例:20代女性 デュエット吹けた!響きに感動しています

レッスン事例:30代女性 コロナ自粛明け「アンブシュア心配だった」

レッスン事例:40代女性 25年振りにトランペット再開しました!

 

 

本物の情報かどうかはあなたが判断するしかありません

ブログや動画等で時々、

ハイトーンを出すためには

 

「唇に力をいれろ」

「唇を横に引け」

 

などという内容のものがありますが、

一時的にはハイトーンが出るかもしれませんが、

音は細く、すぐにバテてしまうでしょうし、

続けると最悪の場合

音が出せなくなる事もあります。

 

非化学的な内容の

記事や動画も多く散見されます。

 

その演奏者にとってはそれがベストだから

そのように解説している事なのでしょう。

 

しかし

 

上手に吹けなくて困っているのならば

「あなたが吹けるようになるための情報」を

必要としているのではなのではないでしょうか。

 

私の行っているレッスンでは

非科学的なアドバイスは一切

行いません。

 

トランペットは人間が創ったものです。

ということはすべて

「物理的に説明がつくはずなのです」

 

リップスラーも、高い音、ハイトーンもすべて

正しい練習を積み重ねることが出来れば

何も難しい事ではないのです。

 

音が鳴らくなって困っているあなたでも

当スクールで正しい知識を知り私と一緒にレッスンを重ねれば

ストレスから解放されて楽しく朗々と

トランペットを吹けるあなたになれるのです。

 

生徒様の声ページはこちら

 

いまあなたがこのブログと出会ったということは

「あなたはトランペットを愉しめる人!」

だから出会えたのですよ。

 

コロナで思うような活動が出来ない今

結果につながる新しい取り組みを始めるチャンスです。

私はそんなあなたを決して見捨てず

全力で応援いたします!!

 

セプテンバーミュージックスクール

代表 細川玄

 

無料体験レッスンはこちらから

「トランペットアンブシュア矯正コース」はこちらをご覧ください。

オンラインレッスン開始しました!アンブシュア矯正コース限定!!

常時オンラインレッスンが可能になりました!

ご入会者増えてます!!

20代 30代 平日限定レッスン 応援料金プラン新設!

「学割料金プラン」が新たにスタートしました! 

お得な割引プランが誕生しました!

 

感染拡大防止対策!スクールの様子がわかる動画